高麗人参コラム - 2017-08-16 07:13:00

高麗紅参特有のサポニンとは


サポニンが最も多いのは、
高麗人参の6年根である「高麗紅参」

高麗人参の最大の特徴は、何といっても「ジンセノサイド」という高麗人参特有のサポニン群を豊富に含んでいることです。

この「サポニン」は、体の諸機能を正常化してくれる有効成分で、体の調子が悪い時に摂取すると、人の体が本来持っている自然治癒力を引き出してくれる優れものなんです。

サポニン群は、ジオール系、トリオール系、オレアノール系の3つがあり、ジオール系は、中枢神経に抑制的に働き、トリオール系は中枢神経に興奮的に作用します。

これらのサポニン量が最大になるのが、高麗人参の6年根。

その6年根のことを「高麗紅参」と呼び、高麗人参の中で最高級品となります。

厳密に言うと、「高麗紅参」は、高麗人参(朝鮮人参)の6年根の皮をむかずに、煮るか、蒸すかしてから水分量が14%以下まで自然乾燥させたものです。

一般的に、「高麗紅参」のエキス抽出は複数回にわたって行われますが、一番搾りで得られるサポニン量は、1g当たり150㎎を超えています。この一番搾りは、日本やヨーロッパでは主に医療用の生薬として使われています。

二番搾りになると、サポニン量は1g当たり60㎎。3回目以降はさらに薄まります。

 

サポニンには血液をスムーズにする
働きや、熟睡を促す働きも

サポニンには、様々な働きがありますが、副腎皮質ホルモンの生成を助けるとともに、赤血球の柔軟性を促進させ、血流をスムーズにする働きがあります。 血流の循環が滞ると、体に良くない影響が出てくるので、血流がスムーズになることは、健康づくりに役立ちます。

また、「高麗紅参」に含まれるサポニンの中でもジオール系のものは、神経を落ち着かせ、ストレスを緩和する作用があります。もともとサポニンには、副交感神経を刺激して熟睡へと導く働きもあるので、心を落ち着かせ、深い眠りにつくことができます。

しっかり眠ることも健康を維持するうえで重要です。


ブログ TOP

店長のご挨拶 2019-11-25 00:00:00

こんにちは。しあわせ家族生活の岡本です。 このごろ一段と寒くなってきましたが、じつは寒い冬にも脱水のリスクがあることをご存知ですか? 汗を ...


メディア 2019-08-28 15:23:00

弊社代表の岡本が韓国輸入企業のトップランナーとして紹介されました。 Yahoo!ニュース【現場の声】今、日韓ビジネスのトップランナーは ...


メディア 2019-11-20 15:03:00

食品業界のことならこの新聞を読めば全てがわかるといわれるほど 食品業界に特化した食品新聞に 当店でも取り扱いのある 受験王100 シ ...


ブログ 2019-11-14 04:56:00

とうとう…この季節がやってきました。 日本でも遅刻しそうな受験生がパトカーで送られる姿をニュースなどで目にした事がある方もい ...


ブログ 2019-10-28 14:44:00

当店で取り扱っている大人気商品「シリカシリカ」が お祭りに参加してきました! 下関市長府で行われた「城下町時代祭り」今年で10回目の開催 ...