ケイ素コラム - 2017-08-15 19:19:00

硬水と軟水の違いとは?


硬水と軟水の違いは、カルシウムとマグネシウム量からの
数値化される硬度の違い

水には、大きく分けて軟水と硬水の2種類あります。水道水をはじめ、日本の水はもともと軟水が多いことで知られています。軟水と硬水の違いは、硬度の違いです。水の硬度は、カルシウムとマグネシウム量から数値化される指標をもとにしています。

日本では、100㎎/ℓ以下を軟水、硬度101㎎/ℓ以上を硬水と分けており、硬水の中でも、101~300㎎/ℓを中硬水、301~1000㎎/ℓを硬水、1001㎎/ℓ以上を超硬水と分類しています。

 

日本の大半は軟水で、体への負担がなく吸収できる。
和食には軟水が合う

日本人にとって馴染みのある軟水は、ミネラル含有量が少なく、クセが無くまろやかで飲みやすいものです。

軟水はミネラル含有量が低いため、胃腸への負担があまりかからず体内への吸収率がよいことから、老廃物を排出し、汗を出すなどの働きをしてくれます。

きちんと水を飲用することで血液中の水分量が増えると、血流サラサラ効果が期待できます。疲労回復、美肌効果、老廃物の排出、血液サラサラなどを望む方は、軟水をしっかり取り入れるといいかもしれません。

また、料理や和食に合うのが、軟水と言われています。特に煮物など、軟水は野菜への水分浸透率がいいため、やわらかく美味しい煮物に仕上がります。

 

ミネラル分を豊富に含むのが硬水。
不足しがちなミネラル補給に役立つことも。

硬水はヨーロッパや北米の大陸に多く、ミネラル含有量が多い水になります。

マグネシウム量が多いほど独特の味わいがあり、日本人にとっては飲みなれないのではじめは違和感があるかもしれません。しかし、ダイエット中などのミネラル補給として、硬水を飲む人もいるほどです。

天然水に含まれるカルシウムイオンは、粒子が細かいため、ほぼ体内に吸収されます。カルシウムは、脂肪燃焼の促進、脂質吸収の抑制、骨粗しょう症の予防、不安の解消に役立ちます。また、マグネシウムは、便通を良くし、血糖値を上がりにくく効果が見込めます。

用途に応じて、適した水を選びたいものです。

フェイスブック、ツイッター、ラインで情報をシェアできます。

ブログ TOP

ブログ 2020-09-17 15:51:00

あの 意識高い方々が読んでいる雑誌 veggy さん 最新号にシリカシリカ掲載いただきました!   “ヘ ...


ブログ 2020-09-10 21:09:00

シリカシリカのCMができました! 現在、全国の映画館で放映中の「海辺の映画館 キネマの玉手箱」で日本映画界のレジェンド 大林宣彦監督が最後 ...


ブログ 2020-09-04 13:28:00

表参道エリアに限定した ファッションフリーマガジン 『Omosan STREET』に シリカシリカ掲載されました!! ...


ブログ 2020-08-03 21:02:00

7/31に全国公開された大林宣彦監督「海辺の映画館~キネマの玉手箱」のヒロイン吉田玲さんと私たちの地元にある、とある場所にて動画撮影でした☆ ...


メディア 2020-07-27 15:45:00

こんにちは! 今年は長雨が続いており 各地で大雨による被害もでておりますが皆様お変わりございませんでしょうか。 梅雨明けが待ち遠しいで ...


ショッピングガイド